しゅんちゃむブログ

工場勤めのごく普通の一般社員が理想に挑戦していく本音ブログです。

上司とトラブルになった際の対処法。

 

どーもしゅんちゃむです!

 

何気に続いてるしゅんちゃむブログですが、閲覧なさってくださってる方々本当にありがとうございます。これからもできる限り更新していきます♪

 

さて、今回はタイトルもあるように会社などで口論になった際の対処法と日頃の意識についてお話していきたいと思います。

 

記事ネタからしてネガティブな内容に感じますが、会社(特に現場)で働いている以上避けては通れない瞬間があります。その時に如何に上手に自分の意見を伝えられるかが大事です。

 

例えば出先の営業や電話対応など、お客様を相手にしている場合は多少相手の意見がこじつけ気味でもこちらが頭を下げなければいけない状況になりがちですが、現場だと相手が仮に上司だとしても所詮は同じ会社の人間なので納得のいくまで話し合うのが筋だと僕は思っています。現に僕は筋が通っていない上司の意見や理不尽な内容に関してはすぐに意見を返します。もちろん反論することが偉い訳ではないですが、曲がったことを貫き通してそれが当たり前だと思うのが嫌だからです。

 

今回は僕が実際に体験した2つのパターンのトラブルに対しての対処法を紹介していきたいと思います。

 

意見の食い違いによる口論

上司が自分に対して出した指示と自分の考えが食い違った場合口論になる場合があります。この場合は自分正確な意見をはっきりと述べることでその場を治めることができます。例えばその日の生産分は既に終了しているのも関わらず上司が必要以上に要求をしてきた場合・・・

 

上司「ちょっとこれこんだけ作っといて

僕(え・・・これはもう今日作る必要ないと思うんだけど・・

僕「え、これって今日作ります?

上司「うん。いいから作っといて

 

この場合だと上司は”本当に理解ができていない場合”と”本当は作る必要ないって分かってるけどとりあえず作っとけ”的な感じの2パターンだと思います。そして、この僕の返答だと結局理由もわからないまま作らなければならなくなり、尚且つ上司は自分が作れって言っとけば作ってくれるという風に認識してしまいます。

ほとんどの場合はこうやって”イエスマン”として働き続けなければなりません。

もしこういうサイクルに少しでも嫌気を感じて白黒はっきりさせたいなら、はっきりと根拠と少しの勇気をもって上司に言いましょう。

 

この製品は今日必要な分作ってますけどそれ以上に作るんですか?

 

少し反論気味になっても大丈夫です。それより言えずに終わる方がもっとモヤモヤするはずです。さらにはっきりと聞くことで、上司も上司なりの考えがあり、それを聞き出せるかもしれないからです。それで自分が納得できるなら結果オーライですしね。

大事なのはあらかじめ正確な情報を知っておくことです。日々の何気ない仕事中でも何が正しい答えなのかを知っておくことでいざというとき自信をもって発言することができます。

 

頭ごなしに怒ってくる上司

自分ができもしない事を他人に無理やり要求しておいて、その人がやりきれなかったときに「なんでできないんだ!」と頭ごなしに怒ってくる上司よくいますよね。

できれば何かを要求された時点で無理だと思った事は「無理です」と言いきるのがベストですがなかなか断れないこともあるかと思います。

 

上司も怒ってる最中は頭が沸いちゃってるのでそこで真正面から反論したところで、その反論に対しての反論しかしようとしません。なのでそういう時には一旦落ち着き自分の怒りを治めた上で、なぜやりきれないかという事をしっかり説明する必要があります。

 

その際にいきなりやりきれない理由を言うのではなく「やろうとはしてみたが~」の言いだしだと相手の感情を一瞬抑えることができます。そのあとにやりきれなかった理由(時間的な問題なのか、目に見えない苦労点があるのか)を説明するとしっかりと聞いてもらえる可能性が高まります。

 

 

どうですか?上記で語ったのはほんの一部でまだまだイライラすることはありますが、少なからず口論などのトラブルになった場合は正しい知識を兼ね備えている方が有利だと思っているので先ほども言ったように常日頃から物事に対して疑問点を抱き、それがなぜそういう仕組みなのかを理解しておくといざという時に便利だと思います。

 

ただ、中には何を言ってもごり押しで押し通してくる上司もいますからね~(笑)

 

ちなみに今回は一つの事例として反論を”提”とした内容でしたが、正直一番賢いのは相手にしない事。つまりイエスマンが最強だと思います。なぜなら反論することでその場を解決することができても少なからずその上司からは煙たい印象を受けてしまうからです。一方イエスマンの場合は何も反論しないから扱いやすいがゆえに気に入られるようにもなるはずです。ただ代償としてメンタルが削られますが・・・

 

要するに言い返すも、我慢して絶えしのぐもその人の性格次第という事ですね。

 

僕もできるなら仮面社畜になりたいです・・・