しゅんちゃむブログ

工場勤めの一般社員による自己啓発的ブログ

作業者のおばちゃんにブチ切れられました

 

 

 

どーもしゅんちゃむです!

 

 

先日仕事中に作業者の一人であるおばちゃんにブチ切れられました(笑)

 

僕の仕事内容は生産現場のラインの中で働く作業者に部品を供給したりそのライン内で異常が起きた際に異常処置をするのが役割です。

 

今回はその異常処置中に起きたトラブルになります。

   

 僕の仕事内容

僕はいつも2~3本のラインに対して部品供給や異常処置をしているので常に時間に追われています。

職場方針的にも生産性及び作業能率の向上の為、ライン内の作業者や僕のような部品供給や異常処置をするライン外者には無駄な時間がなく決められた時間で決められた仕事量をこなすということが求められています。

なので、部品供給をする前の部品の準備などをもたついているとすぐにライン内の部品が無くなり異常として呼び出されます。

それくらい決められた時間で決められた仕事量、つまり定期定量化されている職場です。

そんな仕事内容ですが、ただ単に部品を供給するだけなら誰でもできます。決められた時間内で部品を準備するだけだからです。そんな中唯一のイレギュラーとなるのが異常処置。こればっかりは予測することができず、いつ、どのような形で異常が発生するかは分かりません。

さらに異常の処置にかかる時間に対してもスピードが求められます。一つのラインで起こった異常に時間を掛けすぎていると他のラインの部品供給が間に合わなくなり異常で呼ばれるという負の連鎖が起きるからです。

ちなみにそのような負の連鎖が起きても班長は見て見ぬふりで助けてはくれません(笑)

 というか、頼りがいもないので特に助けを求めようともしませんが、、

www.shuncham.com

 

 ミスは誰でもする

作業者の中には当たり前ですが、素早く丁寧な作業ができる人もいれば、作業が遅い人や単純なミスを繰り返してしまうという人がいます。

もちろん十人十色であり、できる人もいればできない人もいるのでそれに対してどうこういったりはしませんし、偉そうな事を言うなら自分が代わりにやれるのかって話になりますしね。

だから作業者がミスした場合でもどういった経緯でミスしたかは訪ねるものの、

何でこんなミスするの?」とか「何でこれくらいの事ができないの?」などと責めることはありません。(少なくとも内心で思う事はありますが、、、)

あくまでも僕の役割は異常処置で作業者に対する指摘などは僕ではなく班長が行うのが規則だからです。

しかし、残念な事に僕の班長は指摘すらもしません。面倒なことを避けるかのようにフェードアウトしていくのがいつものパターンです。

   

おばちゃんブチ切れ

そうなると作業者も自分がしたことに対しあまり責任を感じなくなってきます。

それがベテランのおばちゃんとかになると尚更、

あっごめん!またやっちゃった(テヘ)」と重なるミスを笑いでごまかそうとしてきます。ミスの内容も『ボーっとしていた』や『よそ見していた』などやり方云々な理由です。

ただ僕もその異常処置での時間を少しでも短縮したいので、

いいよ!」、「オッケー!」、「次は気を付けましょうか♪」と言ってすぐ処置を終わらし去っていくことが多いです。

ただその日に限ってはあまりのも同じ作業者のおばちゃん同じミスを繰り返していたのと、あまりに班長が指摘しないというのもあり、僕は異常処置の際に

大丈夫ー?気を付けてくださいよー?」とまじめに言いいました。

すると、そのおばちゃんが思いもよらぬ行動にでました。

 

私帰るわー

 

そういうとスッとラインを出て帰り始めました。

ライン内の他の作業者と僕は「えっ???」っとなり呆然と去っていく姿を見ていました。

それを見た班長はやっとのことで動き出し、そのおばちゃんを止めに行きました。

そして何やら話をした後ラインに連れ戻し、何故帰ろうとしたかをそのおばちゃんに説明させました。そのおばちゃん曰く、

自分でもミスが多いのは分かってる。でも私なりに努力をしているんだから私にだけそんな指摘されても困る』との事だそうです。

 

いや、ミスした理由を思い出してみてよww

 

と個人的には思いましたが、無駄ないざこざは避けたかったので

そういう内面に気づけなかった僕が悪かったですね」といいその場を丸く収めることができました。

ただ一つどうしても言いたかったことがあったのでそれははっきりといいました。

確かに今回は僕の言い方が悪かったかもしれませんが、勝手にラインを抜けていくのはよくないですよね?自分一人での作業ならまだしも他にも作業者がいるわけで、その人達にとっては迷惑ですよね。そういうのは休憩時間に入って打ち明けるか、もしどうしても感情を抑えきれないならせめて班長に報告しにいくとかしましょうよ。」と。

 

そのおばちゃんは元々ちょっと変わったところがある人でしたが、ここまで就業時間中に感情を表したのは初めて見ました。確かに今までは感情を抑えてたのかもしれませんが今回は他の作業者にも迷惑がかかっていたのでしっかりと伝える事は伝えました。

 

ー以上ー