しゅんちゃむブログ

工場勤めの一般社員による自己啓発的ブログ

イライラな性格を直すように努めてみた

 

 

 

どーもしゅんちゃむです!

 

 

通勤途中の車の渋滞でイライラ。

 

満員電車でイライラ。

 

レジに並んでる最中にイライラ。

 

エレベーターを待つのにもイライラ。。

 

世間的に言われる『短気』って言われているやつですね。

 

僕も最近まではまさにその短気なやつでした。

元々気が長い性格ではなかった僕はこの社畜の様な会社生活でさらに磨きをかけられより一層短気な性格へと進化してしまいました。いや、退化ですかね。

 

イライラは何のメリットもありません。確かにイライラしたその感情を相手にぶつけたりすればその時の鬱憤は晴らせるかもしれませんが、イライラした時点で自分の体にとってストレスとなります。

 

そんな僕でも近頃はさほどイライラする事はなくなりました。

イライラするのは性格だから直せない』と思ってましたが、日々日常の中でそれを改善する瞬間があったのです。

 

今回は僕なりのイライラという性格を根本的に改善する方法を簡潔に紹介します。

   

エレベーターのボタン連打をやめた

f:id:reapers020701:20191030180534j:plain

 

これ、短気な人なら結構やってる人多いんじゃないでしょうか?

エレベーターの開くボタン、閉じるボタン、各階層のボタンを連打する行為です。

 

ボタンを連打すればすぐ閉まるとかっていうゲーム的な機能でないことは分かってるのに連打してしまう。

 

別に誰の迷惑になるわけでもないし、誰もそれに気づかないかもしれません。

ただ、自分の性格は正直です。要は『じっと待てない人間』なんです。

 

僕はこのボタン連打を辞めました。

 

狭い道路では自分から道を譲る

f:id:reapers020701:20191030180604j:plain

 

車やバイク、自転車などの乗り物を運転中、狭い道路に差し掛かったところで反対側から対向車が来た場合あなたなら道を譲りますか?

 

こちらが最初に走行してたから?相手の方が幅的に余裕がありそうだから?

それ以前に最初に譲ろうと思えたかが大事だと思います。

 

自分から積極的に譲ることで心の余裕が生まれイライラの改善に繋がります。

 

感情をニュートラルにする

f:id:reapers020701:20191030180630j:plain

 

 あまり意味が伝わらないかもしれませんが、この感情をニュートラルにするという方法は僕の中でイライラだけに限らず感情を治めるのに最も使う方法です。

 

相手との会話の中でイライラしたり、レジの列にならんでる時にイライラしたりと、イライラ自体にも色んな種類があります。

 

ただ、一つ決まっているのはイライラするという事はその時起きてる事に対して納得がいかないから。つまり対象のアクションに対して反発的になっているからです。

 

車でいうとぬかるみにハマってしまい抜け出したいがためにギアをドライブに入れ前回でアクセルを踏んでいるような感じです。イライラの勢いで行動した際は基本的に空回りする傾向が多い気がします。

 

なのでそこは一旦諦めて気持ちを落ち着かせます。すると自ずと今自分が取るべき行動だったり、言及すべきことが思い浮かんできます。

 

車でいうと一旦ニュートラルにギアを切り替え、冷静に考え人力で押せばぬかるみからもでられるという事です。

 

少し話が逸れましたが、一旦諦め『そういうもの(人)なんだな』と開き直ることでイライラせず、落ち着いた感情で物事を選択できます。

 

まとめ

 

いかかだったでしょうか。簡単な説明で説得力がなかったと思いますが、意外にイライラは克服可能な感情なのかもしれません。

ただ、これはあくまでもイライラな性格を直す方法であって、消極的になりなさいとか、自分が正しいと思っても相手に従えなどという意味ではないので、あくまでも自分の意思はしっかり持ちましょう^^