しゅんちゃむブログ

工場勤めの一般社員による自己啓発的ブログ

今の会社で僕が上に上がれない理由を見つけた

 

 

 

 

どーもしゅんちゃむです!

 

 

つい先日YouTubeにて動画を見ていたところ、自分にすごく当てはまる発言をしている方がいたので今回はそれを参考に記事にさせていただきました。

 

まずその動画というと今や有名な熱血講演家である『鴨頭嘉人さん』の動画でした。

 

 

 

これがその動画になります。

 

ちなみにナンバー2という位置付けの定義は人それぞれだと思いますが、一応僕の中では右腕的存在のことをナンバー2と認識しています。

 

また、僕はナンバー2と言えるほど優れた逸材ではありませんが、まぁ自分のいる班の中では班長に次ぐ準直者という立場なのでその意味合いも込めて自分のことをナンバー2だとして話していきます(笑)

 

動画の中で響いた言葉

f:id:reapers020701:20191118132538j:plain

 

満たされている時は成長しない

 人間は自分が全て満たされる時はそれ以上成長する必要がないので自分で成長しようとは思わなず、逆に今の現状が深刻なほど頑張ろう(成長しよう)と思うという事。

 

仕事に限らず自分が満たされたものに関してはそれ以上を追い求めようとはしません。満腹になったお腹にさらに好きなものを入れようとはしないという事と同じですね。

 

もしかしたら僕が『もっと頑張ろう!』と思えないのは今の自分の立場に満足しているからかもしれません。

 

特に仕事内容が過酷すぎるわけでもないし、やりなれた作業というぬるま湯の中でただなんとなく作業していればいいと思っている自分がいるんだと思います。

 

つまり自分の中で危機感やプレッシャーを感じていない事がまた自分の成長の妨げになっているのかもしれません。

 

ナンバー2は一番おいしいポジション

鴨頭さんは動画の中でナンバー2こそ最もおいしいポジションだと語っています。

その理由としては『成功すれば自分含めみんなのおかげ。仮に失敗しても自分ではなく上のせい』だからこそナンバー2はがむしゃらにやればいいということだそうです。

 

確かに会社で失敗して不良が出た場合も上の人は作業者ではなく班長や係長に原因の追究や要因を求めようとし、作業者には注意程度で終わることが多いのは確かです。

 

その理由として何故不良を出してしまったかという犯人捜しよりも、何故不良が出る環境もしくは仕組みになっていたのかを問うからです。

 

なのでこの鴨頭さんの言葉を自分に置き換えるとすると、『失敗してもいいからどんどん改善や挑戦をしてみなさい。失敗してもそれはあなたのせいにはならないよ』という事ですね。

 

班長からすれば少し理不尽かもしれませんが、班長は班長でナンバー2ががむしゃらに改善に取り組んでくれることはそれはそれでありがたい事なはずです。何故ならその改善が認められた場合は個人として改善能力が認められるというよりも班としての改善を行った事になるので、班長はその改善内容を報告するだけで評価が得られるからです。

 

つまりはWin-Winなわけです。

 

とは言っても現状としてはこれができていません。班長の愚痴を言っている僕も『班長がやらなければ僕がやればいい!』といって率先してできてない事にも原因があるかもしれません。

 

そして実はこれが僕が現状の立場から上に上がれない理由でもあるかもしれません。。