しゅんちゃむブログ

工場勤めの一般社員による自己啓発的ブログ

今年の振り返りと来年の課題

 

 

どーもしゅんちゃむです!

 

 

 

2019年もいよいよ最終日となりました。

みなさん大晦日いかがお過ごしでしょうか?

 

TVは紅白派ですか?それともガキ使派ですか?

僕はガキ使派です♪

 

 

今回の記事では仕事や家庭、ブログに関してこの一年を振り返ると共に、来年の自分にとっての課題を挙げたいと思います。

 

   

2019年の大きな変化点

 

f:id:reapers020701:20191231210528j:plain

娘の誕生

やっぱり今年の出来事で一番大きかったのは娘が生まれてきたことです。

 娘が生まれるまでは簡単な道のりではなかっただけに生まれたという奇跡には今年どころか人生の中でもトップクラスに嬉しかったですね。

 

www.shuncham.com

 

 ちなみに来月で1歳を迎える娘は今伝い歩きができるようになり、いつ一人歩きできるようになってもおかしくないような状態にまでなりました。

 

ずっとミルクが大好きだった娘も今はほぼ離乳食でミルクは基本寝るときのみになり、徐々に赤ちゃんから次のステップへと成長してるのが目に見えて分かります。

 

そして最も成長したと感じられるのが意思表示が明確になり始めたこと。

今まではただ単に「あーうー」と言っていたのが今ではその時の状況に応じて顔の表情と共に使い分けるようになりました。

 

そんな娘も来年からは保育園に入園することが決まりました(*ノωノ)

待機児童が多い今、入園できたことはとても嬉しく感じました。

 

ただ、それと同時に心配事もあります。。

こんなパパママが大好きで人見知りのある娘が保育園でやっていけるか。。。

 

子どもにとって初めての試練でもあるあの入園時の別れ際。

ほとんどの子が保育園に預ける際に泣くとは思いますが、問題はそれが何日続くか、そして慣れることができるかです。

 

ちなみに僕が保育園に入園した際は3日間泣き崩れていたそうです(笑)

(それ以降は吸い込まれるように保育園へと走って行ってたそうですが)

 

それ以外にも保育園で上手く過ごせるかなど気になることは数知れずありますが、それ以上に学べることもたくさんあるし、ママが仕事に復帰する以上仕方がない事なので、今からできる事としてできるだけ多くの人に関わり人見知りを無くすことが娘にとってのこれからの課題となります。

 

仕事に対する考え

f:id:reapers020701:20191231210622j:plain

 仕事に対する考えも今年に入り大きく変わりました。

これまでの記事をみても分かる通り僕は仕事に対して基本的にネガティブな考えを持っています。

 

今まではある程度しっかりやってチャンスがあれば上に上がりたいなという気持ちの元で働いている感じでした。

 

でも今年に入ってからはどこかしらで「このままでいいのかな・・・」という感情が強くなりました。このままというのは今の職場での自分の立ち位置というのもありますが、それ以上にこの今やっている仕事に対してもそう思うようになりました。

 

一生雇われの身としてこの生産現場で働き続けるのかな等と思うことも多々・・・

自分の中でいつかは独立したいなという気持ちがあることも自分では気づいていました。でも思うだけでいつになってもその考えは明確にはならないし、実際にアクションはそれほど起こしていません。

 

ちなみに僕の夢はWEBクリエイターとしてフリーランスで働くこと。

クライアント様からの要望に応えウェブサービスをデザイン含め構築していきたいというのが理想です。

 

もちろん全くアクションを起こしていないというわけではなくウェブに必要なプログラミング学習をしている最中ではあります。

 

ただ、いつまでも生徒として学習しているだけではそれを仕事として請け負う事はできないのでどこかで大きなアクションを起こすことが必要になります。

今の仕事をやめてでも生活していけるだけの知識とスキルです。

 

具体的には

 

  • プログラミング学習の時間を増やす
  • プログラミングのオンラインスクールに入る
  • エンジニアに転職する

 

 この3つが自分が今できるアクションだと思います。

   

プログラミング学習の時間を増やす

 今すぐにでも実施できる行動としてはこの学習時間を増やすというのが手っ取り早いと思います。ただ、いつも仕事から帰ってきてご飯とお風呂を済ませるともうその時間で眠りにつく時間帯になります。

なのでこの学習時間を増やすというのは言い換えると『睡眠時間を削る』という事ですね。でもこうでもしないとメリハリも付かないでしょう。

 

プログラミングのオンラインスクールに入る

今僕が勉強しているプログラミングは全て独学となります。

ただ、参考書などを見ながらの独学も時々限界を感じる瞬間があります。例えば表面上では理解できていても根本的に理解していない部分などがあった場合、参考書によってはそれが分かっている前提で記載されている内容などがあります。

 

そうなった場合、そこで足踏みし時間の無駄になったり倦怠感を感じさせられる事もあります。

 

そういった時にオンラインスクールであればビデオ通話などで分からない部分を直接質問することができるので学習がスムーズに進むかもしれません。

 

ちなみに僕が受講を考えているのはCMなどでも有名なプログラミングオンラインスクールのTechAcademy [テックアカデミー]です。

 

ただ、現役WEBデザイナーがメンターに受講できるとだけあってお値段もそれ相応です。僕が受講しようと思っているカリキュラムだと100000円~300000円と期間によっては中々な高額になります。

 

もちろん短い期間での受講もできますが、短期集中となり僕のような集中力がそんなに高くない人間にとっては難しいのかなとも思います。

 

エンジニアに転職する

 この選択肢の中で最もプログラミングのスキルがアップするのがこのエンジニアに転職するという方法だと思います。

 

なぜなら単純に『やらざるを得なくなるから』です。

そりゃあまぁ仕事だったら嫌でも知識は付きますよね。。(やる気も関係しますが)

 

ただ、先ほども言ったように転職をする以上それなりの覚悟も必要になります。

今の会社を捨てて転職するだけの価値があるかというのと当たり前ではありますが今の生活よりかは確実に余裕がなくなるという事。

そして仮に失敗した際に負担を負うのは自分だけでなく家族も一緒だという事。

 

これが転職をするという事の最大のリスクだと僕は考えます。

 

こういう事を本気で考え始めるといつも脳裏をよぎるのは「自分は本当にこうまでしてプログラマーになりたいのか。」「一時的な好奇心の類ではないか。

 

それとも、ただのビビりなのかなぁ?(笑)

 

 

さいごに

今年は理想はあるものの具体的な行動を起こしていませんでした。

それと同時にこれといって結果も残すこともできませんでした。このブログに関しても同じで最初はできるだけ毎日投稿を心掛けていたのに、後半は記事の投稿が続かなかったり、収益化に向けて広告を付けてもこれといって収益も上げられませんでした。

結果的に何をどうしたいのか?を追究する来年になりそうです。

 

何はともあれ、今年僕のブログを閲覧してくれた読者さん、通りすがりでチラ見してくれたユーザーさん、今年はお世話になりました。

来年もまたよろしくお願いします!!

 

良いお年をー!!(*ノωノ)